妙蓮寺 江戸川布教所 浄土真宗本願寺派

葬儀法事について

葬儀法事について Q&A

浄土真宗では、なぜ葬儀法事を行うのですか?

葬儀法事は亡くなった方のために行うのではありません。お参りしている一人一人が阿弥陀仏の救い(南無阿弥陀仏なもあみだぶつ)を聞かせていただくためです。

亡くなった人をどのように供養(くよう)したらいいのですか?

阿弥陀仏の救い(南無阿弥陀仏)の中にその意味も含まれており、いのちの問題がすべて阿弥陀仏の浄土で解決されます。浄土で亡くなられた方々ともお会いできます。そのことを『仏説阿弥陀経ぶっせつあみだきょう』には「俱会一処くえいっしょ」と説かれてあります。

通夜葬儀で亡くなった人を思うことはあまりよくないのでしょうか?

いいえ違います。大いに思い偲んでください。実はその時こみ上げる悲しい気持ちが本当のいのちの問題を問いかけるご縁になっているのです。そのことを教えてくださる尊い方であったとお敬いいたします。

いのちの問題とはどういうことでしょうか?

仏教ではいのちの問題とは「生老病死しょうろうびょうし」が思いどおりにならない、また、いつどのようになるのかわからない苦しみであるといいます。亡くなられた方をどうにかしてやりたいと思っても、どうすることもできないのが現実です。では「なぜ生老病死にこの私は思い苦しむのか」と自分自身に問いかけることができているとき、そこに仏教を聞いてゆく本当の入口があります。

入口に行くとどうなりますか?

法要時お経を聞いている私自身が無明煩悩むみょうぼんのうというものを抱え、それが生老病死、特に「死」という問題を自己中心的に避けながら迷いの世界をさまよい続けてきた存在であったという話が頷けるようになります。そして自然と葬儀法事は誰のためでもなく自分自身が南無阿弥陀仏の救いを聞かせてもらうためであったという意味がわかってくるのではないかと思います。

※浄土真宗が生前法名をすすめる理由も、生きている内に阿弥陀様のお救いを聞かせていただくためであります。

四十九日しじゅうくにち法要(満中陰まんちゅういん

葬儀法事について

死亡日から数えて七日目を初七日しょなのかといい次の七日目を二七日ふたなのか、以後三七日みなのか
というように七日ごとに勤める法要を中陰法要といい最後の七七日(四十九日)は満中陰(中陰が満る)としてとくに丁寧にお勤めする習わしになっています。

<注意>
「四十九日は早く行った方がよいのですよね?」というご相談をよく受けます。
これは「四十九日が三か月に渡るとよくない」という迷信から来ているようです。「始終苦しじゅうく(四十九)がにつく(三月)」という語呂合わせの迷信です。前述いたしましたように、浄土真宗では法事法要はすべて参拝している一人一人が南無阿弥陀仏のお救いを聞かせていただくためのものです。

年忌法要(表)

年忌法要 令和2年に亡くなった方
一周忌 令和3年
三回忌 令和4年
七回忌 令和8年
十三回忌 令和14年
十七回忌 令和18年
二十五回忌 死亡から24年後
三十三回忌 死亡から32年後
五十回忌 死亡から49年後
以後五十年毎に勤める

葬儀、四十九日、年忌法要、月命日、初参式、帰敬式など、仏事に関することは何でもお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
薩摩のかくれ念仏を学ぼう かくれ念仏勉強会 指圧整体・マッサージ・はり灸治療 新中川治療院